進路のことで悩む後輩に伝えたい、僕たちの決断。

前田さんの場合

進学校からECCコンピューターへ

同じ夢をめざす仲間がいるから、頑張れる。ゲーム・クリエイティブカレッジ ゲーム開発エキスパートコース ゲームCGデザイン専攻[4年制] 前田さん 2年生 常翔啓光学園高等学校出身

高校時代

先生との面談でも揺るがなかった決意。

モチベーションメーター50%

高校は、同級生の9割が大学進学を希望するような進学校。僕も3年生の春までは大学進学をめざしていました。もともとは大学で空間デザインについて勉強したいなと思っていたのですが、たまたま妹が持っていた専門学校のパンフレットに目を通したのが進路変更のきっかけです。
「専門学校なら実践的な技術が学べそう」と思い、ゲーム制作にも興味があったので色々な学校のオープンキャンパスに参加しました。なかでもECCコンピュータは少人数制やチーム制作など、独自の取り組みを通じて成長できそうだと感じました。
その後進路変更について担任の先生には何度も相談にのっていただき、自分でも十分考えた上で、ECCコンピュータへ入学しました。

↓

ECCcomp.に入学!

入学後

背中を押してくれたのは、尊敬できる先輩たち。

はじめは何を頑張ればいいのかもわからず、正直、入学直後は不安の方が大きかったですね。今から思えば、高校と違って自主性が求められる環境に少し戸惑っていたのかもしれません。
そんな時、学内外のコンテストで結果を出している先輩たちがめぐまれた設備や親身な先生たちなどECCコンピュータの環境をフル活用している姿を見て「初心者だからって、引っ込み思案ではいられない!」と思い直しました。
それからは学校でも、家でもCG制作に没頭する毎日。夏休みもできる限り学校に来て、先輩や同級生と一緒に作品作りに取り組んでいます。

授業風景 モチベーションメーター

現在

大学に進んだ同級生をうらやましいと思いません!

これまでの授業を振り返って、一番タメになったと思うのはプログラマやプランナーなど他分野の学生と共同制作する「ゲーム制作総合演習」ですね。「企画にあったデザインか」「プログラミングしやすい作りになっているか」など、CGデザイン以外の分野のことを考える必要がある。多くのスタッフが連携するプロの現場で求められる「チームワークの大切さ」に気づけたのは大きな収穫でした。高校時代の同級生から大学生活の話を聞くこともありますが、うらやましいと思ったことはありません。専門学校にくらべて授業の数が少ないので、自分の場合、ダラダラ過ごしてしまいそうで。課題に追われて忙しい時もありますが、充実していますよ!

モチベーションメーター

高校3年生~2年目の夏(4年制)までの前田さんの「モチベーション」グラフ

色々な学校のオープンキャンパスに参加し、進路変更を決断。

コンテスト受賞やゲーム会社内定など結果を出している先輩たちから刺激を受けて、モチベーションがアップ!

チームで作ったゲーム作品が学年1位に選ばれた!

今年は1位を取れなかったけど、もっと頑張る余地はある!次こそ1位だ!

進路を変更して大正解!たった1年で!初心者の僕はこんなゲームを作りました!

ECC EXPO W受賞

オノマトペ(擬音)で敵を吹っ飛ばすゲームです。音が当たった時のヒットストップや画面振動などのプレイヤーを気持ちよくする演出や画面移行の演出にもこだわりました。

◎チーム名:「クレイジーボーイズ」

ディレクター1名/メインプログラマ1名/
サブプログラマ1名/アートディレクター1名

僕はアートディレクターを担当!

◎使用したソフト・アプリケーション

  • Visual Studio 2015(C、C++)
  • Photoshop CC
  • Audacity

◎制作日数:約2カ月

自分好みのキャラが作れる
「キャラメイクシステム」を搭載!
ステージごとにオノマトペや
背景が変化!
ゲーム・クリエイティブカレッジについての詳細はこちら!

田村さんの場合

大学からECCコンピューターへ

希望通りの就職なんて大学時代には想像できなかった。 ITカレッジ Webデザインコース[3年制] 田村さん 3年生 枚方なぎさ高等学校出身 (四天王寺大学 中退) (株)ミツエーリンクス内定!

大学時代

「何となく」で入った大学。自分の将来が見えませんでした。

モチベーションメーター40%

「みんなが行くから」で何となく決めた大学進学。入学してすぐ、将来に対して不安を感じるようになりました。社会学や経済学、法学など色々な分野の授業がありましたが「仕事にどう役立つのか?」が僕にはイメージできませんでした。そんな時、ECCコンピュータに進んだ友だちから「学校が楽しい!」という話を聞き、試しにオープンキャンパスに参加してみることに。
一番印象的だったのは、先生ですね。体験授業を通じて学生がやりたいことをバックアップしてくれる姿勢が伝わってきました。ここなら自分の将来につながる勉強ができると思い、大学を辞めることを決意しました。

↓

ECCcomp.に入学!

入学後

めざす場所が明確だから、サボる訳にはいきません。

実際に入学すると、大学との違いを感じることが多かったですね。まず感じたのは、先生との距離の近さ。大学の場合、先生一人で学生100人以上に講義する授業もあるなど、学生一人ひとりをきめこまかくサポートするという感じではありませんでした。
その点、ECCコンピュータは少人数制なので、少しでもわからないことがあれば気軽に質問できます。
クラスメイトの雰囲気も違います。大学は自由な時間が多い分、勉強へのモチベーションは様々です。専門学校は「学ぶ目的」がハッキリしている学生が多いのが特徴。「自分も頑張らないと!」と自然に思える環境です。

授業風景 モチベーションメーター

現在

一番やりたかった仕事ができる。4年前の自分に伝えたいですね。

授業のなかで印象に残っているのは1年前期の「クリエイティブワーク(Web)演習」ですね。企業の方をお招きして自分の作品を見てもらう機会があり、2社からインターンシップのお誘いを受けました。まだまだ自分のデザイン力に自信がなかった頃だったので、プロに認めてもらえたことは大きな励みになりましたね。それからもデザイン・プログラミングなどWeb制作に必要なスキルを磨き続けて、今年の春には大手Web制作会社から内定をいただくことができました。
4年前、将来が見えなかった僕がここまで成長できるなんて、入学する前は想像もしていなかったですね。

モチベーションメーター

大学生~3年目の春(3年制)までの田村さんの「モチベーション」グラフ

オープンキャンパスに参加。Webデザインの道に進みたい!

作品が評価されてインターンシップに参加。自信になる!

HTMLの勉強が楽しい!デザイナーとエンジニア、どっちの道に進もう…

UIデザイナーとして内定を獲得!これからも頑張るぞ!!

進路を変更して大正解!たった2年で!初心者の僕はこんなWebサイトを作りました!

UIをリニューアルした僕の自信作!

サブカル好きが同志の輪を広げるマッチングアプリです。自分の好きなジャンルの友だちを見つけて、オフ会を開くお店の予約までできるスグレモノですよ!

企画からデザインまで、すべて僕が担当!

◎使用したソフト・アプリケーション

  • Sketch
  • Prott

◎制作日数:約60時間+7時間(リニューアル)

ジャンルがひと目でわかるようにイラストをプラス。
「直感的に理解できるUI(ユーザーインターフェース)画面に仕上げました!
企画を考える時は、ターゲットをイメージする「ペルソナ」を設定。プロのWebデザイナーと同じやり方です!
ITカレッジについての詳細はこちら!

OPEN CAMPUS STAFF 僕らはオープンキャンパススタッフとしても活動中!自分の経験をふまえて相談に乗りますよ!

オープンキャンパスの詳細はこちら!

他の先輩たちのインタビューはこちら

ターニングポイント 学校サイトへ